Paddy field filled by water









菜の花を見に行った後,御所湖近くの水田で撮影してきました。
田んぼは季節によってがらりと変わって,本当に一年中楽しめますね。
写真を始めるまではこんなに良いものだとは気づきませんでした。
稲はこういう小さいときでもいいねぇ。

ところでサッカー,本当に惜しかったですね。
サッカーはよく分からないのですが,実力も拮抗してましたしおもしろい試合でしたね。
(本当はハイライトで見るつもりでしたが,結局観戦してしまいました・・・)
研究室はさすがに連日深夜の試合観戦のため,みんな疲れ切ってました。

WBC始まったら自分もそうなるなぁ・・・。まだまだ先ですが楽しみです。

These pictures were taken near lake Gosyo after seeing mustard flowers.
The face of paddy field changes for every seasons dramatically.
So, I have enjoyed it whole year although I didnt realize it before having camera.

Anyway, Japanese soccer team is almost made it in the yesterdays game!
It was so exciting game because the power of the two teams is almost same.
I intended to watch only highlight scenes with TV news and I watched the game at real time...
People in my lab were tired because of these day's world cup games.

I will be similar condition when WBC is started.
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-30 23:07 | 岩手風景 | Comments(10)

Can not win...






楽天,勝てませんね・・・。
どうしても今日は勝ってもらいたかったのですが・・・。
残塁する回が多いのですが,もうすこし帰還してほしいなぁ。
機関車なだけに。

写真は仙台市西公園です。

Rakuten golden eagles, a professional base ball team based on Sendai, cant win these games.
Especially, we want them to win today's game...
There are many innings that players left on base.

This picture was taken in Nishi koen(west park) in sendai city.
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-27 18:14 | 宮城風景 | Comments(2)

Fields of mustard flowers Vol.3 at Makibaen of Koiwai















最初の予定では,菜の花畑は小岩井のまきば園で見る予定だったのですが,
あまりいいのが撮れなかったので,既にご紹介した雫石の他の菜の花を見に行った次第であります。
といっても一応撮ってきましたので,ご紹介を・・・。

チューリップとかも咲いていてとてもきれいで,天気も良くて,
まきば園ピクニックには最適な一日だったのですが,
なんと口蹄疫の影響でドッグショー,羊ふれあい広場等のメイン会場が全て中止になっていました。
遠くから来た修学旅行生もいるのにこれはかわいそう・・・。
というよりそれでもやはり正規料金取るのですね・・・。

でも,直接あげれなくてもいいので,まきば園の動物の餌まきばぐらいは見たかったなぁ。

まぁそれでもおいしいアイスクリームやチーズも食べれましたしよかったです。

The mustard flowers pictures shown in former articles were taken on the field on shizukuishi after this farm of Koiwai, has a filed of mustard flowers that was first object for me.

Some beautiful flowers such as tulip are bloomed and the weather was great.
It was the best day for the picnic at the farm.
However, main events of the farm such as dog show and petting zoo of sheep were canceled due to foot-and-mouse disease.
Unfortunately, some students was coming there for school trip...
Moreover, we have to pay usual cost for entrance.

Spreading of the disease is so terrible accident...
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-26 12:18 | 岩手風景 | Comments(4)

Fields of mustard flowers Vol.2 with paddy field filled water













水田の水を鏡として利用するのは定番かもしれませんが,やはり気持ちのいい写真がとれますね。
ちょうどバックの山も雲がうまい具合にあったおかげか,光も差し込んだ様子が撮れたので,
すかっとしたすかいが撮れました。

水がフィルされた(filled),paddy”フィール”ドを”フィル”ムに納めた。
というところです。
最近厚くてわけがわからなくなってきましたね。

次は,小岩井農場まきば園です。

As you know, it is popular way to that using water filled in paddy filed as a mirror.
Today's mirror reflects cool sun light shined from clouds to the mountains.

The image of the water "filled" in the "field" is reflected on the "film".
This is one of cool dajare...
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-25 19:07 | 岩手風景 | Comments(6)

Fields of mustard flowers Vol.1













長く続いた桜編は終わり,菜の花シリーズになります。
雫石には何個か菜の花畑があり,地方紙にも紹介されており,
菜の花畑No.○にようこそみたいな感じに看板がたててあったりと,観光資源として利用されています。
それにしても初めて見ましたが,一面黄色黄色黄色・・・・。
すごいですねぇ!ちょっと感動。
でもちょっと菜の花くさくて大変でした;

しかし,この花は”何の花”?
そういうことを感動したあとに言ったらいかんどう。

次は,田んぼ編,小岩井編と続きます。

Long continued Sakura series was ended at the last article and now series of fields of mustard flowers.
There are some rape fields at Shizukuishi.
They are introduced in a local paper for sightseeing resources.
Actually, a board written "welcome to rape field NO.X on Shizukusi" were standing for the guests.

I was amazing the ocean of the yellow, except the smell;;

The next will be with paddy field and at Koiwai.
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-22 06:29 | 岩手風景 | Comments(15)

Sakura at Koiwai - Ippon Sakura

















梅雨の季節にも関わらず,長く続きすぎたG.W.桜編最後はこちらの一本桜となります。
皆さんご存じかと思いますので,ご説明は省略しますが,
やはり超人気の一本桜,平日にもかかわらず朝早くからカメラマンが押し入っていました。

そして,やはり人気の場所にはすでに三脚がずらり,人だかりができていました。
わかっていても,こういうのを見ると,意地になって,どんなにしょぼくても,
人とは違う視点・場所から撮りたくなるものです。

しかし,ナンバーワンより,オンリーワン
良い言葉ですがやはり難しい・・・。
絶対いろいろとインスパイアされています・・・。

まぁ,なんだかんだいって楽しめたので良かったです。

The last article of Sakura on this G.W. is about Ippon Sakura at Koiwai.
The tree is very famous for sightseeing and taking pictures as you know.
So, many camera men had came there although the day was weekday.

I saw them with many tripods at a popular point and then my motivation to take picture a little decreases....
So, I wanted to take pictures that angles and messages are quite difference with their one.

However, I knew the ward "Only one is prefer than No. 1" (is correct???) is very difficult word...
I mean, my pictures may be inspired other pictures I saw somewhere...

The most important thing is to have fun...
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-20 17:33 | | Comments(10)

Sakura at Koiwai - Road to Ippon sakura













さて,桜最終ラウンド,小岩井編です。
今回は一本桜は(無駄に)出し惜しみ,その途中の道をお送りします。
小岩井農場は,一本桜で有名ですが,桜並木もすばらしいですね。
正直ピーカンで露出を誤った感がめちゃくちゃあるのですが,
それでもなんとか絵にはなってるかなぁと思います。
いずれにせよ,桜+岩手山の構図でとれたので満足です。

しかし,そう頑張って撮ってる私をみて,牛もこっちみてわらってました,うっしっs
「小祝」ネタもtontonto-nさんに先に取られてしまいましたし・・・。
うーん。
とりあえず,皆さんも,小岩井に来いワイ。(紅葉をみにいこうようと同じいきおいで)

※明日から仙台出張ですので,コメント・更新等遅くなるかもしれません。
すみません。

The last series of Sakura, Koiwai.
Farm Koiwai is very famous farm in Shizukuishi and famous for Ippon sakura, stand alone vast field, I will show it the next.
Cherry trees line are also very good but I might take mistake for exposure because the sunshine was very strong...

At last, I was satisfied to take pictures of sakura with Mt. Iwate, I had wanted to take such one; however, the weather was cloudy during this Sakura season.
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-16 12:36 | | Comments(12)

Chagu Chagu Umako















盛岡のお祭りの一つ,ちゃぐちゃぐうまこです。
写真のように装飾をした82頭の馬とそれに乗った子供達が,馬への感謝を示すお祭りで,
滝沢のある神社から,盛岡の八幡神社まで4時間ほどかけて,歩きます。

元々は,滝沢の蒼前神社付近でのみ行われていた,お祭りだったらしいのですが,
最近盛岡のお祭りになったそうです。
また,日程も6月の第二土曜日という客を狙っての日付にしたらしいのですが,
神様が怒った・・・のかはわかりませんが,しばらくは雨の日が多かったそうです。

でも一昨日は予報の割には天気が良く,神様もご機嫌を直してもらったのかな?と思います。

こういう伝統やお祭りは,ずっと”伝道”されて,たとえ人間が宇宙に進出しても続いて欲しいですね。


One of festivals on Morioka, Chagu Chagu Umako.
82 decorated hoses take children on their back, which walk from a shrine in Takizawa to Hachiman shrine in Morioka for 4 hours to invoke god's blessing on the harvest.
The festival is formerly held for only Takizawa.
Morioka city became the host of the festival in late years to, maybe, protect its traditional, or earn more tourist.

At same time, the festival day is changed to the second Saturday on June.
However, the gods got angry (maybe) and the rain falls often.

Last Saturday was sunny day although the forecast said it is cloudy.
Did the god come round?? or It was just lucky???

Anyway, I hope that such festival and traditional keep same forever.
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-14 22:12 | 岩手風景 | Comments(4)

Sakura at Takamatsuno ike Vol.2










高松の池夕方~夜桜編です。
この日は天気もよく,結構きれいな夕日もみることができました。
夜の桜をここで見るのは初めてですが,ライトアップも控えめでとてもきれいでした。
人でごった返すこともなく,夜であれば静かに桜もみることができます。
混雑が苦手な方は是非,高松の夜桜をお試しください。

さて,桜編残すところは一本桜と小岩井のみです。

そしていまからチャグチャグ馬こを見に・・・。
初めてなので楽しみです。

Takamatsuno ike with cherry trees at evening.
The beautiful sunset showed itself because of good weather at daytime.
The light illuminated the cherry is washy and comfortable.
The people who come to see the cherry is not so many comparing with the daytime.
Please try the cherry at night if you dont like the crowd.

The last one for cherry series is Ipponzakura and Koiwai.

And now, I will see ChaguChagu umako.
I must be excited because this is my first time to see it.
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-12 11:19 | | Comments(12)

Sakura at Takamatsuno ike Vol.1













高松の池は桜の名所百選に選ばれており,周りはすべて桜に囲まれています。
花見もいつも行われており,特にこの日は超満員御礼でした。
一昔前は,花見の時に池に飛び込むナイスガイもいたとのことですが,今はどうなんでしょうかね。
うちの研究室でも5,6年前はあったようですが・・・。

散った花びらが,ご覧のように池の上で絨毯となって漂っていました。
鴨も鯉も大喜び。
プカープカープカー浮かぶ花びらを鯉が,カープカープと食べていました。

次は夕~夜編です。

Takamatsuno ike is surrounded by cherry trees and nominated for one of top 100 landmarks have good scene with cherry trees.
Fallen petals was making a carpet on the water.

Many Hanami parties held here and it is so crowded.
Some drunk men used to jump into the pond, however, we can not find such men these days.
[PR]

by tktuyuki | 2010-06-10 07:07 | | Comments(8)