OISO SAGICHO






昨夜は、大磯町の左義長を見てきました。
昨年は大雪で見ることができなかったのですが、今年はすごく天気がよくて良かった~!


























左義長はいわゆる、どんと祭、的なイベントなのですが、炎がものすごい!
2枚目の写真ような塔が砂浜に6,7本たてられてそれが一気に点火、すごい迫力です。

この炎で焼いた団子を食べると無病息災!というわけで、今年は私も団子焼きにチャレンジ。
竹棒の先に団子をくくりつけ焼いて食べてみました。
焦げないように焼くのは大変でしたが、おいしかった~!

そういえば「徒然草」を読んでみると、180段目に、左義長の由来が・・・
「さぎちょうは、正月に鞠を打って遊んだ毯杖を、真言院から神泉苑へ出して焼き上げたのがもとである。法成就の池にこそと囃すのは神泉苑のことである」

大昔からある祭事はずっと大切にしたいものですね!
来年も是非見に行きたいものです。
[PR]

by tktuyuki | 2014-01-13 11:34 | お祭り・イベント | Comments(4)

Commented by odamaki719 at 2014-01-13 20:23
こんばんは!
 大磯でも「左義長」があるのですね。
炎が迫力がありますね。
この炎の中お団子を焼くのは大変だったでしょうね。
Commented by M-syaraku at 2014-01-14 18:43 x
こんにちは^^
迫力の火柱ですね!写欲が燃え上がります!
Commented by tktuyuki at 2014-01-21 07:01
>>odamakiさん
本当に迫力があって近づくと熱くて仕方がありませんでした。
ダンゴはやはり消え頃のチョロ火でじっくりと焼くとおいしいようです。
Commented by tktuyuki at 2014-01-21 07:02
>>M-syarakuさん
すごく迫力があって撮影するのがとても楽しかったです^^
なかなかこういうのはないので良い機会でした。